防音工事の提案・見積もりなら防音工事見積もり.net|防音工事の一括見積もり無料

防音工事はどんな工事?

まず工事内容を説明する前に知っていてほしいのは音には2種類あるということ。
音には空気伝搬音(空気中を伝わる音)と固体伝搬音(建物の床や壁を振動として伝わる音)があるんです。

空気伝搬音・・・雷の音、人の話し声、テレビの音、ステレオの音、楽器の音など
固体伝搬音・・・階上の足音、トイレの排水管、ものを落とした時の音など

固体伝搬音については、少しわかりずらいかもしれませんが、
要は元々の音が振動として伝わって壁や天井を振動させる音です。
例えば、となりの部屋の話し声を聞くために壁に耳をあてたりすると聞こえることがあります。
テレビで忍者が屋根裏で耳を押し付けているシーンを見たことある人もいるかもしれませんね。

こうした固体伝搬音も最終的には天井や壁から放出し、空気伝搬音となり人間の耳に届きます。
糸電話はこの音の性質を使った遊びなんです。

防音工事はこの2種類の音を対策する工事です。

空気伝搬音を防ぐには?

(1)防音材はより重く、より厚いものがベスト
壁、天井、床には遮音(音を跳ね返す)材を使うわけですが
音の性質として音の大きさを1/2(半分)にするには4倍の重さの壁が必要です。仮に同じ材質の壁で施工した場合、厚さも何倍になってしまうわけですから部屋はかなり小さくなってしまいますよね。そのため実際の工事では密度が高い(重量が重い)材料を使います。

(2)壁や窓を多重構造にする
遮音性能を上げるためとはいえ、壁や床を重く、厚くするわけにはいきません。
建物自体が耐えられなくなってしまいます。そのため、壁や窓を二重にします。
壁と壁の間に中間の空気層にグラスウール(吸音材)を入れ、遮音効果を高めます。
サッシも同様に二重にし、空気層を作ることで遮音効果を高めます。

コンサートホールや劇場などの公共施設でも採用されている部屋の中に部屋を作るボックス・イン・ボックス工法というのもあります。同じ原理の応用です。お部屋の中に、もう一つお部屋を作り、壁と壁の間に空気層を設けることで遮音性能を上げます。

(3)開口部のスキ間をなくす
開口部(ドアや窓のスキ間、エアコンの穴)など、
音の通り道になる箇所を 確実にふさぎます。特にドアは専用のドアにします。

固体伝搬音を防ぐには?

(1)新たに建築する場合は建物の構造を強固にする
木造<S(鉄骨造)<RC(鉄筋コンクリート)・SRC(鉄筋鉄骨コンクリート)の方が、
構造体の剛性が高くいため、固体伝搬音の影響を受けにくくなります。S造については軽量、重量かで防音性能にさほど違いはありません。壁の間のALC(発泡性の軽量コンクリート)の有無によります。木造の場合は断熱材が入っているかで防音効果は変わります。

(2)床にマットを敷く
ドタバタの足音や物の落下音を防ぐには、防振マットをひき防音カーペットをひくなどします。

(3)二重床・浮床で振動を抑える
部屋の中の音、振動を躯体に伝えにくくする工法です。 フローリングと躯体(コンクリートなど)の間にグラスウールや防振ゴムを入れ浮床構造にすることが、大変効果的。同じ理由から、遮音構造の天井を防振ゴムで吊る方法もあります。

防音工事なら日本全国対応

Q1:防音の目的


Q2:工事場所(都道府県)


Q3:工事場所(市区町村)