防音工事の提案・見積もりなら防音工事見積もり.net|防音工事の一括見積もり無料

音源の音圧レベルは?

自分の出したい音の大きさと性質(周波数など)、
外部からの迷惑騒音対策の音の大きさと性質(周波数など)によって工法や工事費用は大きく異なります。
そのため、防音工事は「どの程度まで防音したいのか」をイメージができているかが重要です。

【防音工事をする際の参考】音源の音圧レベル

例えば、
・外部に一切、音が出ないようにしたいのか?
(5m離れた隣家に迷惑がかからないぐらい、壁一枚の寝室に音が漏れないくらい)
・どのくらいの時間帯にそのくらいの音量をだしたいのか?
(工場の営業時間に近隣に迷惑がかからない程度、24時間ピアノを弾いても大丈夫なくらい)
・外からの騒音ならどの程度になればいいのか?
(赤ちゃんが起きないぐらい、話し声が聞こえるぐらいなど)

現時点で何dB(デジべル)の音が出ているか正確なところは計測機を持っている業者さんしか分かりませんが、
どれくらいの防音レベルにするかは、きちんと業者さんに伝える必要があります。
一般的には、屋外に出る音は住居区であれば45dB、商業地域、準工業地域であれば50dB、工業地域であれば65dB程度に抑えることを1つの目標にしましょう。
基本的に防音工事業者さんは依頼された要件で、施工しますので、伝え方があいまいだと、失敗する原因になります。気をつけましょうね。

※全国の主要都市では、騒音規制があります。
法人様(工場や飲食業、大型施設の設備の防音・防振対策)の場合は工事を考えている物件の所在地の都道府県もしくは郡市区の騒音規制法・振動規制法を調べて把握しておきましょう。

例)
騒音振動対策-東京都
騒音や振動に関する規制-大阪府
作業騒音に関する規制-愛知県

防音工事なら日本全国対応

Q1:防音の目的


Q2:工事場所(都道府県)


Q3:工事場所(市区町村)