防音工事の提案・見積もりなら防音工事見積もり.net|防音工事の一括見積もり無料

見積もり書のチェックポイント

ご自宅の現場調査が終わった後、正式な見積もり書が出ます。
この見積もり書ですが、ほとんどのお客様が総額の欄しかチェックをしない傾向にあります。

最低でも下記のチェックをしてください。

防音工事の見積もりチェック一式という表現があるかないか?

一式という表現があるからといって悪徳業者というわけではありませんので注意してくださいね。
概算見積もり書ではよく使われる表現ですが、正式見積もり書でも「一式」という表現がされる場合があります。

「一式」と書いてある場合は、上記事項内訳などの明記があるのが通常ですが、
もし書かれていない場合は、遠慮なく、

「一式の内訳を教えていただけますか?」

と尋ねてください。
ここで答えられない業者さんは、いないと思いますが、確認する癖をつけておくといいでしょう。
なお、概算見積もりの場合は、あくまでも概算のため、詳しい内訳を出せませんので、この方法は、
正式見積もり時に使うといいでしょう。

防音工事の見積もりチェック明確な説明をしてくれるか?

これは、先ほどのページでお書きした「一式」と同じようなことなのですが、
見積もり書を受け取ったら、必ずその見積もり書について説明を求めるようにすることが大切です。
きちんとした説明を受けることで、 後でこんなはずじゃなかったという
後悔や、お互いの考えのずれなどを未然に防ぐことが出来ます。

むしろ、ここで依頼した業者さんが説明ができないようなら、考え直す必要があります。
防音工事業界は、価格や相場が曖昧ではっきりしない業界です。
ですので、業者も、曖昧なことを良しとして、「あまり知識のないお客様」や、「お金を取れるお客様」など、
”お金を取れるところから取る”という考えの業者が存在するのも事実です。
もちろん、誠実な業者さんが大半です!!

悪質な業者に、お金を必要以上に請求されないためにも、
思ったことや疑問点はきちんと業者へ伝えることが重要です。

注意中途半端な工事をしないように気をつけて

よくお客様でいらっしゃるのですが、予算を渋り中途半端な工事になってしまい、
思うような防音空間が手に入らなかったケースがあります。
もちろん、「お金をたくさん出せばいい」と言いたいわけではありません。
「安かろう悪かろう」だったら、お金をかけている以上、こんなに残念なことはありません。
最終的にどのような防音空間を目指しているか?ここが最大のポイントです。
あと、10万円、20万円プラスすれば満足いく防音空間ができたのに・・・
こんな状態にならないためにも、業者とのコミュニケーションが大切になってきます。
自分がどのようなイメージを持っているかを考え、きちんと業者側に伝えていく必要があります。


防音工事に見積もりなら↓

防音工事なら日本全国対応

Q1:防音の目的


Q2:工事場所(都道府県)


Q3:工事場所(市区町村)