防音工事の提案・見積もりなら防音工事見積もり.net|防音工事の一括見積もり無料

悪徳業者に引っかからないコツ

防音工事は、業者選びですべてが決まります。

白アリ駆除やリフォームとは違い、悪徳業者があまりいない業界と言われていますが、それでも残念ながら防音工事業界にも存在しています。もちろん、多くの業者は誠実でプライドを持ちしっかりとした仕事をしてくれます。ただ・・・一部の防音工事業者は・・・・

あなたが悪徳業者に引っかからないために、以下をチェックしてください。

典型的な悪徳業者 その1

飛び込み営業の防音工事業者

普通の家に飛び込み営業しても、防音工事の契約はとうていできません。
ですから、騒音で困っている地域に営業がかけられます。米軍基地の近くに住んでいる方や飛行場の近くに住んでいる方がターゲットとなるケースです。

自治体も警鐘を鳴らしています。(別ウィンドウで開きます)
防音工事の注意

国では航空機騒音が住民生活に深刻な影響を与えているため、「防衛施設周辺の生活環境整備等に関する法律」に基づき、家屋の壁や天井の防音施工等を行う住宅防音工事の助成を行っています。助成してくれるなら・・・と甘い気持ちで契約してしまうととんでもないことになります。

典型的な悪徳業者 その2

極端な値引きをしてくる防音工事業者

例えば、あなたが見積もり書を見て、その防音工事業者に「200万円だと予算オーバーで高いです」と言ったとします。

その際に「分かりました。では、半額の100万円で頑張ってみます!」というように突然に、極端な値下げをしてくる防音工事業者が実際にいます。防音工事は、材料などでかなりの調整(いわゆる手抜き工事)が出来てしまうものです。そして、お客様側には知識が全くありませんので、手抜きを見つけるのはほぼ不可能です。

ですから、一つの目安として、「少し、値段が高い」と防音工事業者に言った際に一気に値段を下げてきたら注意してください。言った言わないのトラブルにならないためにも、きちんとした説明、不明な点は何でも聞く様にしてください。

良心的な防音工事業者でしたら、あなたがお願いできる金額の範囲で、再度、提案内容を考えて、その金額の範囲内でベストな提案をしてもらえるはずだからです。あなたの要望が金額内で通らないならば、正直に業者は無理ですと言うハズです。費用が半額になっても、自分の思い描いている防音環境にならなかったらお金をドブに捨てることになりますので気をつけましょう。

典型的な悪徳業者 その3

ホームページで見かけたデザインを格安で行う防音工事業者

あなたがすでに契約まじかで防音工事業者から部屋のイメージを聞かれ、
どこかのホームページで見たデザインと一緒のイメージを伝えたとします。

「金額はどれくらいになります?」

それに対する回答が、「うちの会社でしたら、このデザインのままで、この会社の40%安い金額で作れます。うちは、お客様のことを考えて安くやりますから」などと言ってくる業者は要注意です。

※もちろん、ホームページで見かけた会社が本当に高い場合があります。

防音工事では、壁、床、天井、窓などの施工がありますので、材料費がもの凄くかかります。つまり、この材料費を抑えない限りは、40%以上の値引きは難しいのです。材料費を落とせない場合は、目に見える部分は同じでも、基礎工事などの目に見えない部分に手抜き工事をする可能性が高いと思ってください。

プライドがある業者さんは、デザインは、決して他社のマネをしません。
材料は同じになることは、もちろんあります。

悪徳業者じゃないけど価格が高くなってしまうケース

住宅メーカーからの紹介

住宅メーカーに依頼してしまうと、残念ながら相場より高くなる場合があります。住宅メーカーの担当者の紹介ですので、あなたも「この人(営業マン)の紹介なら安心だ!」と思うことでしょう。これは、もちろん、手抜き工事をする防音工事業者だという意味ではありません。きちんとした住宅メーカーの紹介でしたら、きちんとした防音工事をしてもらえると思います。

しかし、価格が高くなる傾向にあります。(3割~5割高くなるケースも報告されています)特に住宅注文と同時に防音工事を依頼した場合は、高くなってしまいます。なぜ、通常より高いかといいますと、まず1つ目の理由は、住宅メーカーへのマージン(紹介料)です。

防音工事見積もり.netも、紹介料は頂いていますが、住宅メーカーと違うのは、何社も契約している点です。通常、住宅メーカーは最高でも3社ぐらいとしか契約していません。1社だけというところも多いです。1社だけの場合は、競う相手もいないので当然通常よりも価格が高くなります。防音工事見積もり.netでは、業者さんにどこの会社が登録しているのか開示を一切していませんので、見積もりを高くすればするほど、不利な仕組みになっています。

また、住宅を契約した後というのは、「一生に一回の高い買い物をした」ということで、気持ちが高揚していて、「防音工事業者を自分で探すのは面倒、多少高くてもいいや」という気持ちになるので、住宅メーカーとしても、契約が取れやすいので強気に攻めてきます。

上記でも、説明しましたが、住宅メーカーから紹介された業者の仕事内容が良くないとか手抜きだとか言うことは一切ありません。一番業者の探し方でも信頼できる方法です。(住宅メーカーが大手なほど)しかし、料金は割高になるということも覚えておいて損はありません。

悪徳業者じゃないけど、あなたの性格によっては辞めた方が無難なケース

知り合いの紹介

お知り合いが紹介するくらいですから、悪徳業者だという可能性もまずないでしょう。その点では安心です。ただ、紹介の場合も実はデメリットがあります。

紹介されただけに、工事が終了した後に、何か不具合があっても、紹介してもらった方の手前もあり、なかなか強く言うことが出来ないという方が多いのです。もし、知り合いからの紹介でも言いたいことは言える!という性格の持ち主なら大丈夫です。

また、見積り金額など、明らかに相場より高くても、「高すぎる」と言えますか?提案を受けた後に、断るのにかなり気を遣います。下手に断ると、紹介してもらったお知り合いとの人間関係がおかしくなる可能性すらあります。ですから、お知り合いからの紹介は、上記のようなリスクがあるということを覚えておいて下さい。

"防音工事見積もり.net"にご参加頂いている防音工事業者さんは、
最初から「売り込まれたくない」「連絡先を最初から明かしたくない」というあなたの気持ちを尊重して頂いた上で、ご加盟頂いております。

上記の内容をきちんと取り入れてくださる防音工事業者と、無料・匿名にてご相談をすることが出来ます。また、提案や見積もりなどを受取ることが出来ます。 匿名でのやり取りから始まりますので、嫌な売込などを受ける心配も一切ございません。

あなたに提案をして頂く業者さんにとっては、「普通ではありえない厳しい条件(あなたのお名前も住所も電話番号も、メールアドレスさえ判らない)」にもかかわらず、ご提案して頂くことになります。

とにかく「営業して契約してしまえ!」「売上第一!」などと考えている業者は、加盟しません。

是非とも、本当にあなたのことを考えた良心的で誠実な防音工事業者から、匿名で提案を受けてみませんか。また、相談をしてみませんか?

Q1:防音の目的


Q2:工事場所(都道府県)


Q3:工事場所(市区町村)