防音工事の提案・見積もりなら防音工事見積もり.net|防音工事の一括見積もり無料

防音室の効果

防音工事見積もり.netには、お客様からお電話やメールで
防音に関する様々な質問が来ることが多いのですがよくある質問の1つに

「アビテックスとかナサールとかの防音室ってどうなんでしょう?」

というものがあります。
楽器の防音、特にピアノの防音に多く知られている防音室ですが
防音室のメリットは価格が安いということです。

昔はいわゆるユニット型で部屋の中で独立した四角い箱が
置いてあるようなイメージでしたが
最近では同じユニット型でも部屋に合わせて作るセミオーダータイプや
防音工事と同じく自由設計のオーダーメイド防音室もあります。

ユニット型の2.5畳ぐらいの防音室でしたら
50万円くらいからと割と低予算で手に入ります。

おひとりでピアノの練習やフルート、バイオリンなどの
楽器の練習をするぐらいでしたらそれで十分な場合もありますが
組み立て式の防音ルームもそれなりの音漏れがあります。

ただ、ユニット型で空間が小さい場合はやはり閉塞感はあります。
特にグランドピアノのような大きな楽器の場合は
2.5畳ぐらいだと人ひとり入れるスペースしかありません。

また、50万円とはいっても基本的に設置工事料や送料は別ですので
むしろ、広さから見れば高くつくこともあります。

また、防音室の内部は吸音加工のみのケースも多いので
そのため、やはり音漏れがあります。
その場合の対策としては、
遮音材や吸音材で防音性能を強化するだけでかなりの効果が期待できます。

例えば、1.5ミリ以上の遮音材を外壁面全面に貼るということ。

これをすると、漏れていた音が半減するぐらいの効果はあります。
ちなみに遮音材を重ねれば重ねるほど性能が上がります。

遮音材は通販やホームセンターでも購入できます。
ただ、やはり遮音材は重いので、素人だと大変です。
仕上がりに不安が残りますし、ケガもしてしまうかもしれません。

そのため、できれば、材料は購入した上で防音ができる業者さんに
頼むという形がベストです。

何を購入してよいか迷う場合は材料の用意から業者さんに
全ておまかせしてもいいですし、電話で
「予算の関係で自分で材料をそろえたいんですけど」と言えば、
教えてくれる親切な業者さんもいます。

もちろん、タダで教えてもらうだけではなく
一応、マナーとして取り付け工事はその業者に頼んであげて下さいね。

Q1:防音の目的


Q2:工事場所(都道府県)


Q3:工事場所(市区町村)