防音工事の提案・見積もりなら防音工事見積もり.net|防音工事の一括見積もり無料

ドラム室は高いのか?完璧の防音の必要性

防音工事で最も施工が大変で高額なものの1つに
ドラム室があります。

ドラムは打楽器ですので、音のボリュームを調整できません。
またドラムなどの打楽器は振動がありますので
しっかりとした防振対策ができる業者による設計・施工が必要となります。

かといって思い切り叩けないのでは練習になりませんよね。

ですから、ドラム室を作る場合に最も重要なことは、
近隣に迷惑をかけずに快適な演奏空間をいかに実現させるかです。

マンションなどの集合住宅などの場合は、振動が伝わりやすいので
大クレームになることも少なくありません。
ですから、集合住宅の場合のドラムの防音は精度の高い防音工事が必要なのです。

精度の高い防音工事、つまり、音もれの少ない防音工事ほど
材料の量や効果のある高額なものを使います。

そのため4.5畳ほどのスペースでも、
300万円以上の見積もりになることは珍しくありません。

建物の構造と近隣の状況によっては
500万円以上となることもあります。

基本的にドラム室では、振動が伝わるのを遮断するために
床、壁、天井すべてに防振が必要です。

主に設置している床を防振構造にしたとしても
音は空気を介して、壁や天井に伝わります。

伝わった音はその壁や天井を伝って、外部に流れていきます。(固体伝搬音)
よくライブハウスなんかは地下に作られていることが多いですが
隣は土だからと言って壁に防音対策をしていないわけではありません。

音はつながっていればどこへでも逃げていこうとします。
そのため壁や天井にも遮音や防振が必ず必要となります。

とはいってもドラムをやる人にとっては、
やっぱりほしいドラム室。

自宅にそれがあるだけで生活がグッと代わります。

もし、あなたもドラム室をご要望であれば、
防音工事見積もり.netがあなたに合った業者を探します。
もちろん、ご予算に応じて無料で業者探しをさせて頂きます。

一度、ご相談下さい。

Q1:防音の目的


Q2:工事場所(都道府県)


Q3:工事場所(市区町村)