防音工事の提案・見積もりなら防音工事見積もり.net|防音工事の一括見積もり無料

ホームシアターの防音工事について

最近ではホームシアターの防音工事の見積もりも多くなってきました。

10年くらい前まではテレビの主流はブラウン管でスペースも取り、
スペースの取らない液晶やプラズマでも大きなサイズになると
とんでもなく高かったので、多くのお客様がスクリーンタイプのシアターを楽しんでいました。

ただ、最近では、大型の液晶テレビやプラズマテレビが割と安く購入できることから
映画などを楽しむ時に、わざわざシアター専用のスクリーンを
購入せずにテレビをメインにシアタールームを作るお客様が増えてきました。

ただやはり、おすすめはシアター専用のスクリーンです。
約100~135インチワイドスクリーンは高さが人間の身長に近いのでより、
臨場感のある映像が楽しめます。

というのも、実物大で見れるということは、時間がたつにつれ、
まるで目の前で起こっているかのように錯覚し、画面の中に入り込むことに
なるからです。

テレビではせいぜい60インチくらいですのでやはり臨場感の部分で
劣ってしまうのです。

ただ、ニュースやバラエティーなどを見る場合は
通常のテレビのほうが使い勝手はいいです。

専用のシアタールームを作る際は、
シアター専用のスクリーンにすると自分専用の映画館みたいに
楽しめます。足が伸ばせるソファーなども設置すれば
そこはあなただけの優雅な最高の空間になります。

肝心な防音工事ですが、本当に最高の音響を考える場合は
機器選びまでしてくれる業者さんがいると便利です。
機器に合ったような防音工事をしてくれる業者が最適です。

防音工事は工務店やらハウスメーカーが
業種の一部としてやっていますが、なかには、ホームシアター専用の業者さん、
ピアノの防音専門の業者さん、オーディオの防音専門の業者さんなど
とことんまで音にこだわる業者さんがいます。

例えば、ピアノの防音でも使うメーカーによって
防音の仕方を変えます。
オーディオでもウーハーやスピーカーの種類によって施工の仕方を
変えます。

お客様のご要望を細かくまで汲み取れるのはこうした業者さんです。
ただ、こうした専門の業者さんは細部までこだわるため、
見積もりが高くなってしまうケースもあります。
特に変わらないケースもあります。

お客様の現状と目的によって異なります。

防音工事見積もり.netではお客様のご予算に応じて
その中で一番の提案をしてくれる業者さんを探しています。

予算は決めないから最高の空間を手に入れたい!
予算内で最高の空間を手に入れたい!

どちらのケースでも、お客様にご満足いただけるよう、
業者さんとお客様のいいパイプ役になれたらなと思います。

Q1:防音の目的


Q2:工事場所(都道府県)


Q3:工事場所(市区町村)