防音工事の提案・見積もりなら防音工事見積もり.net|防音工事の一括見積もり無料

ホームシアターの防音工事で失敗しないための基礎知識

「自宅で迫力ある画面と音で映画を見たい」

という理由から防音工事を計画されるお客様がこのところ多くなってきました。

映画好きにとってはホームシアターはあこがれですからね。

さて、ホームシアターを心おきなく楽しむには防音工事は必須です。
昼間に普段テレビをみているぐらいの音量で楽しむのなら
そこまで防音対策は必要ありませんがそれ以外になるとやはり必要です。

どうせなら、迫力ある映像はそれなりの音でみたいですからね。
ホームシアターの防音工事は床、壁、天井はもちろんのこと、
振動対策で防振ゴムを入れたりします。

これは、重低音の音は振動として、伝わってしまうからで、
この振動がかなり離れた部屋まで到達してしまい音が響いてしまうのです。

重低音の音楽を流す車が街中を走っているのを見かけたことはありませんか?
お腹に響くような人によっては不快な音です。

特にマンションでは、隣の部屋やまたその隣に直接、伝わってしまうためこの防振は必須です。

一般的な工事は壁や天井にはグラスウールやロックウール(共に吸音材)を入れ、
断熱・遮音性が高いプラスターボード(石膏ボード)を取り付けます。

防音のレベルによって厚さを考え、何回かこの作業を繰り返します。

プラスターボードはすでに入っていることもあります。

また、この作業により、壁が厚くなるので、コンセントの配線を伸ばす必要があります。

床についてはグラスウールやロックウールを敷き詰めます。
鉛シートも敷いた方が効果はあります。
ただし、高額なので工事業者さんと防音のレベルをよく話し合ったのちに決めるようにしましょう。

最後に壁に有孔ボード(穴あきベニヤ)を貼ります。
これ自体は防音性能はありませんが、適度な反響と吸音効果が期待できます。

ホームシアターを思う存分楽しむ場合は低音から高音まである程度カバーできるものでなくてはいけません。

楽器の防音ルームを作る場合はピアノやフルートなど使う楽器により、
一定の音域の幅があるので、それに見合う、対策をすれば問題ありませんが、
シアタールームは楽器の練習とは違い、様々な音域で防音対策をしなくてはならないのです。

そのため、工事料金の幅はお客様の求めるレベルで大きく異なります。

特に最近のホームシアターではサブウーファーが使用されていますし、
ブルーレイやDVDの持っている本来のサウンドで聴くには
スピーカーなど音響機器の性能を十分に発揮させる必要があります。

そのため、室内の反射音もコントロールしなければなりません。

せっかくシアタールームを作るのでしたら多少、工事代金は変わったとしても
細部までこだわって工事をお願いしたほうが結局は満足できることが多いです。

是非とも、本当にあなたのことを考えた良心的で誠実な防音工事業者から、
匿名で満足できるホームシアター作りの提案を受けてみませんか。また、相談をしてみませんか?

Q1:防音の目的


Q2:工事場所(都道府県)


Q3:工事場所(市区町村)