防音工事の提案・見積もりなら防音工事見積もり.net|防音工事の一括見積もり無料

二重サッシは効果があるのか?

昨日、こんな質問が来ました。

「大規模な防音工事までは考えてないんだけど、二重サッシだけでも効果があるものなのか?」

二重サッシで必ずしも改善されるわけでもない・・・と防音工事業者から言われたとのことでした。

先日、二重サッシの導入についての記事を書きましたが今日は
効果についてお書きしたいと思います。

二重サッシは、業者が言うように、確かに状況によっては効果のないケースもあります。

例えば、家が線路の近くにあり、電車の振動で悩んでいる場合、二重サッシにしだだけでは効果を
感じることは少ないかもしれません。というのも、漏れてくる気になる音は、空気伝搬音だけでなく 振動を伴っている音
なので、窓から音が侵入するだけでなく、ご自宅の躯体から振動を伴って漏れてきている可能性もあるからです。
電車だけでなく近所の子どもの声、歩く音など気になる場合も同等のことが言えます。

しかし、防音工事を依頼した場合、窓の施工は絶対に行うものですので
まずは、窓のみ防音を行ってもいいと思います。

もちろん注意点があります。

今ある窓のガラスのみ防音効果のある窓ガラスに交換するのはダメです。
なぜなら、窓から侵入する騒音の多くは、窓ガラスから伝わるものよりも、
サッシの隙間から縫うように入り込む方が圧倒的に多いからです。

ご自身の家の窓を見てください。
ガラスだけでは構成されていませんよね?

サッシとガラスが一体となって、いわゆる皆さんが知っている窓となっています。
ですから、ガラス自体を分厚くしても効果は最大限には発揮されません。
サッシもきちんと施工しないと効果が出ません。

サッシの隙間をきちんと埋めれば効果が出ます。

通常のサッシは、窓を開けやすいように、隙間がけっこう入っています。
見てみるとすぐ分かると思います。

防音窓は、この隙間を極限まで埋めてある窓です。

こういう防音窓は、今ある窓を外してつけるのではなく、二重窓として取り付けることが
一番、コストと時間がかからないのでおすすめです。

防音工事見積もり.netでも窓だけの工事をされる方もいますが、
完全防音を望んでいない方はこれだけでも満足いただいています。

取り付けつけるのは、今ある窓の内側の額縁の箇所です。
この領域が狭い場合などは、木を新たに付け足して工事をやるのが主な施工法です。

業者によって色々と提案してくれるので、予算と相談して決めるといいでしょう。

なお、業界で一番いいとされている防音窓は、大信工業製のプラストサッシです。
ご参考までに。

Q1:防音の目的


Q2:工事場所(都道府県)


Q3:工事場所(市区町村)