防音工事の提案・見積もりなら防音工事見積もり.net|防音工事の一括見積もり無料

家族で一家団欒の時に、なにやら隣がうるさい

一時的なものならまだしも一日中。
日中はみんな仕事や学校だからあまり気にならないんだけど、
夜はやっぱり気になる。

そんな、悩みやストレスが最近、多くなってきました。

こういった、他人が引き起こすものや生活の中で
身の回りの発生源になるものは生活騒音に区分されます。

例えば、次のようなものがあります。

家庭用機器が発生源のもの
(洗濯機や乾燥機、冷蔵庫、トレーニングマシン、掃除機などの音など)

住宅設備が発生源なもの
(エアコン、トイレの水が流れる音など)

人や動物が発生源なもの
(怒鳴り声、泣き声、笑い声、ペットの鳴き声、階上の足音など)

交通機関が発生源のもの
(電車、自動車、飛行機、バイクなど)

こうしたものは毎日の生活の中で出る音ですから、
いつどこで、どんな音が出るのかわかりません。

そのため、防音工事をする際は、最も、気になる騒音を
元に、それを抑えるような工事を行います。

振動が伴う工事は防振も考える必要があります。
ちなみに、基地や空港の周辺は住宅防音工事助成対象区域になりますので
国が防音工事を助成してくれます。

ですが、その区域以外は裁判沙汰にもならない限り国からの助成はありません。

もし、お住まいの地域が該当区域に入っている場合で
まだ、防音工事が住んでいない場合は、工事をおすすめします。

とはいっても、そういった地域にお住まいの方には
案内が来ていますのでほとんどの方はお済みだと思います。

さて、話はそれましたが、生活騒音の対策は、
人や動物が発生源なものに関しては、まずは注意することからはじめます。
ですが、近所付き合いもありますのであまり強く言えないのが難点です。
ただ、家庭用機器が発生源のもので振動で伝わる音に関しては、
振動を抑えるシートの購入をすすめるのもありです。

その場合やそれ以外のものには防音工事しか方法はありません。
ですが家全体の防音になるとかなり高額になります。

ですから、まずは二重サッシから入るのが常套手段になります。
防音はまずは窓や戸からです。

一番隙間があるのはそこだからです。

一番重要なところからはじめて徐々にそれ以外の
防音をしていくことをおすすめします。

防音工事見積もり.netではお客様の要望によって
段階的に提案して頂ける業者を探すことも可能です。

そういった場合は、気兼ねなくご相談頂ければと思います。

Q1:防音の目的


Q2:工事場所(都道府県)


Q3:工事場所(市区町村)