防音工事の提案・見積もりなら防音工事見積もり.net|防音工事の一括見積もり無料

防音工事で大切なこと

防音工事をする上で最も大切なことは、中途半端な工事をしないということです。

特に考える必要がある3つをここではご説明します。

1、どのレベルまで防音するのか?

2、生活スタイルについて

3、納得するまでコミュニケーションを取る

どのレベルまで防音するのか?

防音といっても、どのレベルまで防音したいのか、しっかりとした目的、イメージができているかが重要です。部屋から一切音が出ないようにしたいのか?迷惑にならないぐらの音が出ても構わないのか?音を出す側ではなく、外からの音を遮断(騒音対策)したいのか?人それぞれ目的が違うと思います。

防音工事は、お金がかかるものですから、きちんとしたイメージができていないと、トラブルの元になります。ピアノの防音をしたい!ホームーシアターの防音をしたい!など防音工事の目的によって、工事の方法も変わってきますから、時間をかけてでも、どのような防音環境を手に入れたいのか?計画するようにしてください。

もちろん防音工事見積もり.netでは、一番最初にあなたに、ヒアリングシートを送付しますので、業者さんにはあなたの思いが伝わります。

中途半端な考えで防音工事をすると失敗してしまいます。予算のページで詳しくお話しますが、お金をしぶってしまったために思い描いていた防音環境は手に入れることができなかったという事例もあります。お金をたくさんかけろ!ということではなく、費用対効果を考える必要もあります。

生活スタイルに関して

例えば、子どものためにピアノの防音室を作りたいと思ったとします。ただよくある失敗例として、作ったのはいいが、子どもがピアノを辞めてしまって、まったくピアノの防音室を使わなくなってしまったというケースは少なくありません。

もちろん、防音された部屋ですから、書斎や勉強部屋などで使うことができますが、1~2年の短期的なイメージではなく、将来を見据えた防音工事を依頼するといいでしょう。

夜によくピアノを弾く場合、昼間にピアノを弾く場合など、生活スタイルは人によって様々です。それによって工事の仕方は変わってきますので、生活スタイルも重視するようにしてください。もちろんピアノの防音だけでなく、どんな防音工事をする上でも、このことはとても大切です。

納得するまでコミュニケーションを取る

防音工事見積もり.netで、防音工事業者が見つかり、いよいよ正式に頼みたい業者さんが見つかっても安心しないでください。全て業者に任せっぱなしは危険です。

「忙しいからコミュニケーションなんて取れないよ」

こういうお客様が稀にいますが、それはそれは、とても危険な考えです!
防音工事は一度、施工をすると、再度施工するために、予想以上のお金が必要となる場合が多いです。なぜならば、壁などもはがし、再度施工するわけですから材料費がかかってしまいます。ですから、どのくらいの防音環境を手に入れたいのか?生活スタイルや予算など細かく調整していく必要があります。

大切なお金を使うわけですから、誰だって後悔したくないハズです。こんなハズじゃなかったと思わないためにも業者さんとしっかりとコミュニケーションを取るよう心がけてください。分からないことがあったら、なんでも聞くようにしましょう。最初に防音工事業者さんがお宅に訪問したときから、積極的にコミュニケーションをとっていきましょう。

上記3つの内容をきちんと取り入れてくださる防音工事業者と、無料・匿名にてご相談をすることが出来ます。また、提案や見積などを受け取ることが出来ます。 匿名でのやり取りから始まりますので、嫌な売込などを受ける心配も一切ございません。

まずは資料請求をして下さい。
それから、ご家族でじっくりと防音について考えてみて下さい。
あなたやあなたのご家族が、本当に満足の出来る防音環境手に入れることを心より願っております。

Q1:防音の目的


Q2:工事場所(都道府県)


Q3:工事場所(市区町村)